孫の力 誰もしたことのない観察の記録 島泰三著

孫の力 誰もしたことのない観察の記録 島泰三著

ニホンザルなどの生態を研究してきた霊長類学者によるヒトの赤ちゃん(孫娘)の観察記録。

著者曰(いわ)く、ニホンザルにも孫はいるが、サルのおばあさんは孫を特別な存在として特に意識することはない。しかしヒトは違う。孫と祖父母とのつながりには、単なる生物的な関係を超えた、社会的・文化的な意味が隠されている。人の祖父母は孫に触れ、世話をすることで自分が覚えていない幼い時代の思い出を記憶より深いところから蘇らせ、孫に未来を見るという。

孫娘の成長を6年間にわたって観察し、まわりの親しい大人たちとの関係の中でヒトの心がどのように作り上げられていくのか、その起源をたどる。

中公新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT