TPP交渉は、いよいよ合意間近?

日米当局者の「くさい演技」のウラを読もう

さて、週末はヴィクトリアマイル(G1、18日)である。東京競馬場で行われる春の女王決定戦(11R)。過去を振り返ると、ウオッカ(2009年)やブエナビスタ(2010年)のような男勝りの女傑が勝った年もあれば、コイウタ(2007年)のように「なんじゃそりゃ?」だった年もある。堅いときもあれば、荒れるときもある。程よいボラティリティが魅力のレースといえよう。

ヴィクトリアマイルは、メイショウマンボで

今年は新進気鋭のスマートレイヤーが人気になっている。が、今年のような粒ぞろいのメンバーでは、一番人気というほどの「格」ではないし、左回りの戦績も今一つ。さらに悩ましいのがホエールキャプチャの扱いで、一昨年が1位で去年が2位とこのレースを得意としているが、人気になれば来ない、人気がなければ来るという困ったちゃんである。今年は来ない番じゃないかなあ。

そこで筆者の結論はメイショウマンボ。前走の産経大阪杯で惨敗し、程よく人気が散ってくれたのがありがたい。この子はたぶん、牡馬が入るとダメな子なのだ。現にオークスと秋華賞とエリザベス女王杯という牝馬限定G1を3つも勝っている。そう、ちょうど11年にこのレースを制したアパパネと同じタイプなんじゃないか。

実は11年のヴィクトリアマイルでは、「週刊SPA!」の企画でぐっちーさんと小幡績先生、それに筆者の3人が浅草WINSで勝負をした。お二人はブエナビスタを買い、ワシはアパパネで勝負した。3年前の再現を祈りつつ、いざメイショウマンボで勝負!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT