キャリア・リスクの経済学 江口匡太著

キャリア・リスクの経済学 江口匡太著

グローバル経済の下で「日本型経営」が揺らぐとともに、個人のキャリア形成にも確たる方向性が持ちにくくなっている。

終身雇用は本当に経済合理性がないのか。成果主義にはメリットもデメリットもあり、これをどう判断したらいいのか。昇進のリスクをどう考えたらいいのか。あるいは正社員は本当に守られているのか、非正社員にはメリットはないのか。雇用調整の対象になったら、どういう選択肢が最も得といえるのか--。

本書は、人事管理とキャリア形成の背後にあるリスクを、人事評価、昇進、技能形成、採用・転職、雇用調整などについて、実際に即して経済理論をベースに解説してみせる。

たとえば終身雇用は「後払い賃金スキーム」がキーワードになる。それは転職を制限する一方、会社負担で一人前にしようとする。制度のメリット、デメリットを認識し、それぞれの立場で選択眼を養ううえの好著といえよう。

生産性出版 3675円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。