キャリア・リスクの経済学 江口匡太著

キャリア・リスクの経済学 江口匡太著

グローバル経済の下で「日本型経営」が揺らぐとともに、個人のキャリア形成にも確たる方向性が持ちにくくなっている。

終身雇用は本当に経済合理性がないのか。成果主義にはメリットもデメリットもあり、これをどう判断したらいいのか。昇進のリスクをどう考えたらいいのか。あるいは正社員は本当に守られているのか、非正社員にはメリットはないのか。雇用調整の対象になったら、どういう選択肢が最も得といえるのか--。

本書は、人事管理とキャリア形成の背後にあるリスクを、人事評価、昇進、技能形成、採用・転職、雇用調整などについて、実際に即して経済理論をベースに解説してみせる。

たとえば終身雇用は「後払い賃金スキーム」がキーワードになる。それは転職を制限する一方、会社負担で一人前にしようとする。制度のメリット、デメリットを認識し、それぞれの立場で選択眼を養ううえの好著といえよう。

生産性出版 3675円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT