キャリア・リスクの経済学 江口匡太著

キャリア・リスクの経済学 江口匡太著

グローバル経済の下で「日本型経営」が揺らぐとともに、個人のキャリア形成にも確たる方向性が持ちにくくなっている。

終身雇用は本当に経済合理性がないのか。成果主義にはメリットもデメリットもあり、これをどう判断したらいいのか。昇進のリスクをどう考えたらいいのか。あるいは正社員は本当に守られているのか、非正社員にはメリットはないのか。雇用調整の対象になったら、どういう選択肢が最も得といえるのか--。

本書は、人事管理とキャリア形成の背後にあるリスクを、人事評価、昇進、技能形成、採用・転職、雇用調整などについて、実際に即して経済理論をベースに解説してみせる。

たとえば終身雇用は「後払い賃金スキーム」がキーワードになる。それは転職を制限する一方、会社負担で一人前にしようとする。制度のメリット、デメリットを認識し、それぞれの立場で選択眼を養ううえの好著といえよう。

生産性出版 3675円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。