日本人の「美容整形」狙う中韓ベンチャーの思惑

巣ごもり需要で平均単価がアップした企業も

「外出自粛で軽めの施術が減る一方で、肌の手術や顔の脂肪吸引といった大きめの手術が増えている。大型手術は心身の負担が大きく、1~2週間程度は自宅にいたほうが楽」(毛代表)。リモート勤務によって仕事を休む必要がなく、打ち合わせもオンラインとなることで、他人に気づかれることなく、ひっそり手術を行えるというわけだ。

少子高齢化が進む日本だが、美容医療の市場は拡大している。国際美容外科学会などの業界統計によると、2014年に126万件だった国内美容整形件数は2017年に320万件に増えた。市場規模は約7500億円と世界4位で、このうち20~30%を広告宣伝費が占めるとされる。

背景には若年層の意識の変化がある。かつては美容整形というと、表立って友人や知人に相談しにくい雰囲気もあったが、「大学時代の友人も普通にやっている人が多く、抵抗感はない」と佐々木さんは話す。SNS(交流サイト)やトリビューのような美容医療に特化した口コミ情報アプリが登場したのも追い風だ。

いたずらに高額な契約を勧められることも

一方、美容医療は自由診療が中心のため、個々のクリニックが自由に料金を設定できる。いたずらに高額な契約を勧められたり、副作用などのリスクについての説明が不十分だったりといったトラブルも絶えない。国民生活センターによると、消費者から寄せられた相談件数は2019年に2032件と2017年比で8%増えた。

トリビューは投稿内容の監視や本人確認を行い、クリニックにとって都合の悪い内容であっても「利用者の投稿を一切消さずに運営している」。今後はクリニックと利用者の間でトラブルが生じたときの相談窓口の設置も検討し、信頼性を高める考えだ。

日本よりも美容医療の「オンライン化」で先を行くのが韓国や中国だ。投資家から大きな資金を集めて急成長するスタートアップが現れ、日本市場にも熱い視線を送る。

韓国で美容医療情報アプリ「カンナムオンニ」を運営するヒーリングペーパー(ソウル市)はそうした企業の1つだ。同社は8月、日本の新興企業であるティンク(東京都・港区)が運営するアプリ「ルクモ」を買収した。約15万人のユーザーを持つルクモを取り込み、日本事業を拡大する狙いだ。

次ページ韓国の美容整形事情は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT