「ゾンビ顔」さらした22歳イラン人女性の末路

イランでは自撮り撮るのも命がけ

こんな顔を作ってシェアしたために逮捕されたタバル。イランでは命で償うことになりかねないのに(写真:INSTAGRAM/SAHAR TABAR

「ゾンビと化したアンジェリーナ・ジョリー」のようなルックスで有名になったイランのインスタグラマーが先週末、逮捕された。

イランのタスマニ・ニュース通信によれば、自称サハラ・タバル(22)の容疑は、神の冒とく、暴力扇動、不正利得、若者を堕落させた罪など。死刑にもなりかねない罪状だ。いったい何が彼女をそうさせたのか。

「神を冒涜し若者を堕落させた罪」は大きいが

タバルは2017年ごろから、ゾンビのような自撮り写真で有名になった。げっそりと痩せて頬骨が突き出た顔、極端に厚ぼったい唇、上を向いた鼻は、まさにゾンビか醜い魔女の顔。一時はフォロワーが40万人を超えるほどの人気だった(今は削除されている)。

厳格なイスラム教国イランで義務づけられているヒジャブで頭を覆っている写真もあるが、髪が見えていたり、その髪も染めていたり、反体制的な一面もあった。

過激になる顔、後半に19歳のころの素顔

一部では、タバルはアンジェリーナ・ジョリーの顔を目指して50回も整形手術を重ねている、という噂もあったが、後にBBCによって、ほとんどは整形ではなく写真編集ソフトのフォトショップで加工したものだったことが明らかになった。

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

タバルは、おぞましい顔はメイクとフォトショップで作ったもので、だんだんエスカレートしていったと、2017年にロシアのスプートニクに語っている。また、『マレフィセント』のアンジェリーナ・ジョリーを目指していた、というのも嘘だと否定した。「自己表現の一つで、一種のアートだ。私のファンは、あれが私の本当の顔ではないことを知っている」

イランといえば、女性が公共の場所でダンスを踊っていたり男性に扮してサッカー場に入ったりするだけで罰を受けるお国柄。それでも当局の怒りを買う女性が後を絶たないのは、逆にそれだけ抑圧の大きいせいだ。ゾンビになるのが楽しいと思えてしまうほど。

(文:カレダ・ラーマン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。