婚活で「上から目線」捨てた44歳女性が得た果実

「40歳で結婚」の目標を達成した人の境地

働き方改革が叫ばれる前の広告業界に浸っていた佳代さん。一方で、中高一貫の女子校の卒業生であり、同級生の影響も受け続けている。

「30代も半ばになると、結婚して子育てをしている人ばかりです。彼女たちの生活は地に足がついているなー、と感じたことがあります。寝る間も惜しんで働いていることが急に恥ずかしくなったんです。私も結婚して自分の家庭が欲しいな、と思いました」

同時に親からのプレッシャーもあった。一人娘の行く末を心配した父親が、佳代さんには無断で親同士の婚活パーティーに参加していたことが発覚。佳代さんのプロフィールを作成してお見合い相手を探していたようだ。

「もう大げんかです。でも、それだけ親に心配されていることを知ってショックでした」

40歳までに結婚することを目標に婚活

ならば自分で結婚相手を見つけるしかない。佳代さんは仕事に忙殺されない同業他社に転じ、大手の結婚相談所に入会した。

「お見合い料がかからないというコスト面と、『1年婚活』というキャッチフレーズにひかれました。いろいろな男性を紹介してもらい、何度か食事に行った人もいたけれどピンと来なくて……」

当時、佳代さんはお見合い相手に、見た目が好みであることと年収800万円以上を条件にしていた。それでもマッチングできたのだからたいしたものだが、条件が適合したからといって気持ちが結婚に向くとは限らない。冒頭で佳代さんが自戒したように、「上から目線」では相手の欠点ばかりに目がいってしまう。

「1年活動してもダメだったので、次は個人経営の結婚相談所にも入ったのですが、そこでもうまくいかずに1年が過ぎました」

佳代さんは自分の姿勢を反省するとともに、2つのことを決めた。1つは、40歳までに結婚できなかったら正社員になってマンションを買い、独身のままで生きていく環境を整えること。もう1つは、期限まで残された時間を今までとは違うアプローチでの婚活に使うことだ。

「婚活パーティーや山登り合コンなどに参加しながら、同級生などにも『結婚したいから、何かあったら声をかけて』と繰り返しお願いするようにしました」

すでに独身の同級生は少なくなっているので合コンは激減。しかし、既婚者もいる「ちょっとした食事会」に独身者がいることもある。佳代さんは誘われたらできるだけ都合をつけて参加していた。

次ページ40歳を迎えた春、ついに成果が…!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT