JR九州、観光列車「36ぷらす3」誕生までの舞台裏

九州を周遊する、その魅力はどこにあるのか

2年ほど前に初めて新たな観光列車に関する企画会議を開いたとき、最初のプレゼンテーションは「JR九州で初めて」(水戸岡氏)却下されたという。「なぜ却下されたのか」という問いに対して、水戸岡氏は、「当時は“ああ、却下されることもあるんだ”と思いました」と話しはじめたが、その後、青柳社長が引き取って、こう続けた。「その理由を水戸岡さんに聞くのは酷かな。デザインが理由なのではなく、コンセプトが固まっていなかった」。

九州のエピソードをぎゅっと詰め込んで、毎日違うおもてなしをして、世界に九州をアピールするオンリーワンの車両というコンセプトが決まった後、車両デザインが固まった。列車は6両編成で、1~2号車がグリーン個室。3号車がグリーン個室とビュッフェ、4号車が「マルチカー」と呼ばれるフリースペース、5~6号車がグリーン席という構成だ。

1・6号車の床は「畳」

水戸岡デザインの列車の内装にはいつも驚かされるが、36ぷらす3の“驚き”は、1号車と6号車の床が「畳敷き」という点にあった。「畳で設計する人も人なら、了解する会社も会社だね」と、青柳社長が笑う。

水戸岡氏は6月に行ったインタビュー時に「畳の材料のいぐさは対湿性、殺菌効果、消臭効果があるという万能の草。こういうよいものが日本には昔からたくさんあるので、自然の力をもう一度見直して、私たちの生活空間に持ち込めばいい」と話していた(「『ななつ星』デザイナーが考えるコロナ後の世界」)が、今にして思えば、36ぷらす3に畳を使うことを想定しての発言だったようだ。

次ページ「ぷらす」がひらがなのワケは…
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT