世界最速「走る美術館」、現美新幹線なぜ引退?

現代アートも車両の老朽化には勝てなかった

12月で運行終了する「現美新幹線」(写真:yama1221/PIXTA)

世界最速の「走る美術館」が“閉館”する――。7月27日、JR東日本は「現美新幹線」を12月19日に運行終了すると発表した。

現美新幹線とは上越新幹線を走る観光列車であり、その名のとおり「現代美術」を列車内で観賞できる「世界最速の芸術鑑賞」が売りの新幹線である。

車内に現代アートを展示

現美新幹線は2016年4月29日に運行開始された。上越新幹線越後湯沢―新潟駅間にて、土休日を中心に1日3往復運行される。新型コロナウイルスの影響で運休していたが、8月1日から運行再開した。運行スケジュールは以下のとおりだ。

■下り(すべて各駅に停車)
とき451号 越後湯沢8:24発→新潟9:14着
とき453号 越後湯沢12:44発→新潟13:38着
とき455号 越後湯沢15:20発→新潟16:14着
■上り(すべて各駅に停車)
とき452号 新潟11:26発→越後湯沢12:20着
とき454号 新潟14:02発→越後湯沢14:56着
とき456号 新潟16:42発→越後湯沢17:32着

当初は旅行商品と結び付けられての販売が多かったが、現在では普通車指定席が1両(元グリーン車の座席なので、グレードが高い)、普通車自由席が5両なので、普段通り切符を買って移動のかたわら芸術鑑賞も楽しめる。気軽に乗車できるのが魅力の列車でもある。

外観デザインは映画監督で写真家の蜷川実花氏が手がけたものだ。黒を基調とした車体に長岡市の花火が全面を彩る、斬新でインパクトがある外観である。

秋田新幹線を走っていたE3系新幹線6両編成を改装した列車であり、車内に現代アートを展示している。当初は7組のアーティスト(松本尚氏、小牟田悠介氏、古武家賢太郎氏、パラモデル氏、石川直樹氏、荒神明香氏、ブライアン・アルフレッド氏)による、内装のリファインや芸術作品の展示が行われた。

次ページ走る「カフェスペース」も
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。