世界最速「走る美術館」、現美新幹線なぜ引退?

現代アートも車両の老朽化には勝てなかった

「運行終了の理由ですが、車両の検査期限切れです。当初から2020年の運行終了を想定していたわけではありませんが、車両の老朽化が進んでおり、運行終了を決めました。なお、新型コロナウイルスによる運行中断は、運行終了の判断には影響しておりません。コロナ対策を進めたうえで、8月1日より運行再開いたします」(JR東日本新潟支社広報室)

現美新幹線は前述したように、秋田新幹線E3系を改装した列車である。改造元であるE3系R19編成は、2002年製造だ。高速走行で車両の負担が大きい新幹線車両の平均寿命は15年とも言われ、もともと引退の時期が迫っていたということだろう。

実際、山形新幹線では2024年に新型車両E8系が導入されて、E3系からの置き換えが進められるとの発表も出ている。現美新幹線と同時期の車両から改造された、山形新幹線の観光列車とれいゆつばさについては、運行終了の発表はなされていないが(前述したように、とれいゆつばさは最高速度が低いため、車両の負担が少ないという違いもあるのだろう)、今のうちに乗車した方がいいものと思われる。

なお、残念ながら、現美新幹線の後継となるような新幹線観光列車については「現時点では導入の予定はない」とのことである。

新潟エリアの観光列車にも注目

12月のラストランに向けて注目される現美新幹線だが、乗車するのであれば、新潟地区の観光列車群にも注目したい。

観光列車を多数抱えている鉄道会社といえば、誰もがJR九州の名前を挙げるだろうが、実は、JR東日本の観光列車「のってたのしい列車」は18列車もある。さらにそこに含められていない「トランスイート四季島」「カシオペア」を含めれば断トツの日本一である。

とりわけ、新潟地区には観光列車が多く、質と量を誇る「観光列車銀座」といってよい。 現美新幹線の運行区間と関連する、新潟県内の観光列車は以下のとおりだ。

「海里」(新潟―酒田駅間)

2019年10月に運行開始したばかりの、最新観光列車。旅行商品では新潟・庄内の食と景観を楽しむ列車として、下り列車は新潟の料亭「一〆」「行形亭」の日本料理、上り列車は「アル・ケッチァーノ」のイタリアンが提供される。

「SLばんえつ物語」(新津―会津若松駅間)

「貴婦人」と呼ばれるC57形蒸気機関車が牽引するSL列車。日本国内で最長距離を走行するSL列車だけあって、設備が充実している。編成の両端は「展望グリーン車」と子どもも遊べるフリースペース「オコジョ展望車」(現在ではコロナで人数制限あり)、編成中にもフリースペースの展望車と、売店車を備えていて退屈しない。上り、下りとも、会津若松駅で、スイーツ列車「フルーティアふくしま」へ乗り継ぐことも可能。

「越乃Shu*Kura」(上越妙高―十日町駅間)

地酒王国新潟が誇る「お酒列車」。車内では新潟県内の利き酒や、クラシック・ジャズなどの音楽演奏(コロナで一部変更)も行われる。旅行商品では新潟の「酒と食」のオリジナルメニューも楽しめる。なお、季節により「ゆざわShu*Kura」(上越妙高―越後湯沢駅間)、「柳都Shu*Kura」(上越妙高―新潟駅間)、としても運行される。

「おいこっと」(十日町―長野駅間)

上記「越乃Shu*Kura」と十日町駅で接続する観光列車。列車名は東京(TOKIO)を逆から読んだ「OIKOT」であり、日本人の心のふる里をコンセプトとしている。列車内は藁ぶき屋根や襖をモチーフとした、温かみのある和風デザイン。「野沢菜漬」「おにぎり」「日本酒」「りんごジュース」などのふるまい(現在はコロナにより中止)も魅力的だ。

なお、第三セクター・えちごトキめき鉄道のレストラン列車「えちごトキめきリゾート雪月花」(上越妙高―糸魚川駅間)も新潟県を走る観光列車であり、こちらも合わせて運行状況をチェックしたい。

【2020年8月1日11時05分追記】初出時、「えちごトキめきリゾート雪月花」の記述に誤りがありましたので、上記のように修正しました。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。