定期テストで惨敗する子が知らない過酷な真実 学校では教えてくれない大切な「5つのこと」

✎ 1〜 ✎ 145 ✎ 146 ✎ 147 ✎ 最新
拡大
縮小

その結果、試験勉強の方法を知らない子は四苦八苦した揚げ句、得点につながらないため「勉強はやっても意味がない」と思うようになることもあります。

点数を取るための勉強方法というものは確かに存在していますが、それは一部の子たちだけに閉じられた“秘法”となっているのです。

『中学生の勉強法』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

また、一方で、学習塾に行くことで高得点を取る子どもたちもいます。塾のプログラムに沿って、やるべきことをそのまま言われたとおりにやることで、成績が上がることがあります。

それはそれでいちばん手っ取り早い方法ですが、誰でも塾のプログラムで、成績が上がるかといえば、一概にそうとも言えません。

実は、塾では各中学校の過去問というものを入手しており、それと酷似した問題が定期テストで出ることが少なくないため、それをテスト直前に行うことで、高得点が取れてしまうことがあるのです。しかし、それは本物の学力ではないため、似たようなテストがでない場合は、点数は取れません。

塾に通っていても安定的に点数が取れている子は、テスト前に「自分で」試験勉強をやっています。ですから、塾に行けば単純に成績が上がるとは限らないということは、このような背景があるのです。

先生に質問するときの正しい問い方

ですから、塾に入れるという道をとることもできますが、その前に試してもらいたいことがあります。それは「学校の先生にテスト勉強についてどのようにしたらいいか聞く」という方法です。先ほども言ったとおり、通常は学校ではテスト勉強方法を教えません。しかし、聞かれれば答えてくれる先生は少なくないものです。

その際、子どもには次のように伝えてください。

「どこを勉強したらいいですか?」(×)
「どのように勉強したらいいですか?」(○)

「学校の先生にテスト勉強法聞いておいで」と言うと、「どこを勉強したらいいですか?」と聞いてしまう子がいるのです。そうすると「試験範囲を出しているので、その部分をやるように」となります。

しかし、「どのように勉強したらいいですか?」と聞けば、問題集の使い方、教科書の読み込み、プリントの使い方などを教えてくれることでしょう。これが試験勉強方法なのです。ですから、まずは正しい問い方で、学校の先生に教えてもらうのがいいでしょう。

「そんなことで?」と思われるかもしれませんが、こんなちょっとしたことで、道が開けることがあるのです。ぜひ一度、試してみてください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT