半年ぶりのイタリアで見た「コロナ対策」の現状

現地の感染対策にみた日本との違いとは?

さて、イタリア国内のコロナ対応はというと、想像するよりも相当にルールは厳密であった。小さな店舗では店内に入るのは1人もしくは1組のみと決められており、ほかのお客たちは外で一定の距離を保って待っている。

巨大なミラノ中央駅も一方通行だった(筆者撮影)

前述したよう、あらゆるところにお互いが向き合わないための注意書きと移動する方向をしめす指示があり、結構不便だ。例えば巨大なミラノ中央駅においても出入り口は厳密に分かれており、一方通行ゆえ、長い距離を遠回りしなければならないし、もちろんしっかりと監視されている。

鉄道においても、車両内は完全に一方通行だ。 矢印が書かれており、入口と出口が明確に分かれている。特急列車等の指定席においてはかなり間引いた席の配置がしてあるし、普通列車でも、皆、距離をわきまえている。

リスキーと感じたディナータイム

しかしディナータイムになってみればどうであろう。これは大都市か、地方の小都市かによってもだいぶ違ってくるとは思われるが、イタリアの常で、平日にもかかわらず市街にあるレストランは多くが夜遅くまで大にぎわいだ。

ディナーともなればかなり密だった(筆者撮影)

ここだけを見ればコロナの影響はほとんど感じられない。やはりこういった環境の中でも、食べて語って楽しんでということは彼らにとって欠かせない。であるから、このディナータイムは結構リスキーなものであると感じた。飛沫防止のパーティションのようなものはほとんど見られないし、テーブルとテーブルの間隔も今までとほとんど変わりないし……。

街中ではほとんどの人がマスクをしており、以前のように、私たちがマスクをしていると、後ろ指を刺されたというようなことはまったくない。公共の大きな場所、ならびに大きなイベントでマスクをしていないことはありえないし、さまざまなところで体温測定がなされる。

観光地として著名の場所も閑散としている(筆者撮影)

現地イタリアの友人は言う。「イタリア人にとっては厳しくルールを作らないと。そこから逸脱しがちだ。だからこのくらいの状態がちょうどいい。しかし状況は大きく変わっている。かつては感染するとすぐに重症となり死へと直結する場合も多かったが、 現在ではそこまでシリアスではない。陽性となっても重症にはならない人が多いのは救いだ」と。

しかし、現在はさまざまな補助金が出ている為、なんとかしのいではいるが、これからは経済的なダメージがとくに雇用の面で大きく出てくることを彼らは憂えている。それに何より寒くなり、またウイルスの被害が強くなることを恐れているのはわが国と同様だ。

次ページ帰国の途についた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT