10月の株価は「Octoberサプライズ」になる懸念

トランプ大統領は最高裁判事を指名するのか

亡くなったギンズバーグ最高裁判事に黙祷を捧げるトランプ大統領夫妻。すぐに新たな人事を発表すれば、アメリカは大激震に見舞われる可能性がある(写真:ロイター/アフロ)

アメリカ大統領選挙では、選挙1カ月前の10月に、選挙戦に大きな影響を与える出来事を「オクトーバーサプライズ」という。だが9月18日に起きたことは、オクトーバーならぬ「セプテンバーサプライズ」なのではないだろうか。

大統領選「直前」に「RBG死去」の大衝撃

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

どういうことか。「RBG」ことルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事が、がんとの戦いの末に87歳で永眠したのである。

長らく差別の解消と女性の地位向上に努めてきた偉大なる法曹家であり、フェミニストであった。ワシントンの連邦最高裁の前には、多くの人が集まりキャンドルをともして追悼した。が、この話はそれにとどまらない。

前回の投稿で、筆者は今年のアメリカ大統領選挙は①テレビ討論会のパフォーマンス②”Black Lives Matter”の抗議運動の広がり③「郵便投票」による混乱、の3点に注目をと申し上げた。このタイミングで生じた新たな最高裁判事の任命問題は、この3つの要素が全部吹っ飛ぶほどの衝撃度を秘めている。

大統領選挙とは、所詮は4年単位のことである。どんなに嫌いな大統領でも、8年たてばかならず居なくなる(トランプさんは「3期目もやるぞ」と言っているが、それはいつもの「プロレス」と思って聞き流しておけばいい)。

ところが大統領が指名権を持つ最高裁判事は、憲法で終身という任期を規定されている。最近は50歳前後の判事が指名されることが多いので、文字通り向こう30年くらいのアメリカを左右する可能性がある。考えようによっては、大統領以上の重責なのである。

2016年の大統領選挙では、投票日の直前になって「本当はトランプなんて大嫌いだけど、最高裁判事のこともあるからまあ、行ってくるか」と義務感で投票した保守派の有権者が少なくなかった。これは日本でも同じだが、保守派の方がリベラル派よりも投票行動を直前に決める傾向がある。こういう投票は事前の世論調査には反映されず、選挙当日のサプライズの一因となった。

次ページトランプ大統領は最高裁のバランスを崩すのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT