初代レヴォーグ購入者に見た「スバリスト像」 データが浮き彫りにしたスバルファンの熱意

拡大
縮小

レヴォーグ、アテンザワゴン、ゴルフヴァリアント、3車の「購入の意思決定」はどうか。購入の意思決定とは、「誰が購入を決めたか」である。

データを見てみると、アテンザワゴンとゴルフヴァリアントでは、「自分の考えを中心に、家族や知人の意見も反映」が最も多いのに対し、レヴォーグは「すべて自分1人の考えで決めた」が最も多く、購入者自らの主体性が強く出ている。

支払い方法では、レヴォーグは「現金一括払い」の多さが特徴的だった。現金一括払いの割合はレヴォーグ:61%、アテンザワゴン53%、ゴルフヴァリアント43%。レヴォーグは、クルマやスバル車にこだわりを持つ人が“指名買い”する車種であることが伺える。

性別や年代を見ると、レヴォーグはゴルフヴァリアントより女性が少ないこと、アテンザワゴンより20~30代が少なく50~60代以上がやや多いことがわかった。アテンザワゴンは20代男性が多く、反対にゴルフヴァリアントは男女とも20代が極端に少ない。

ワゴンなのに「室内の広さ」は二の次

購入時の重視点はどうだろうか。注目すべきは、レヴォーグユーザーが「室内・荷室の広さ」よりも、「雪道や悪路の走破性」「高速走行時/コーナーリングの安定感」「安全性」といった「走り」にまつわることを強く求めていたことがわかった。

ちまたでは「スバル=雪道や悪路に強い」というイメージがあるが、実際のデータにおいてもほかの2車種を圧倒しており、レヴォーグがニーズに応えていることがわかる。

「購入車を気に入った点」の質問においても、レヴォーグユーザーは走りや安全性に関する満足度が高い。特に「メカニズム(サスペンション、ブレーキ)」「駆動方式」の2点は圧倒的だった。

次ページ浮き彫りになったスバリスト像
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT