がん検診は誤解だらけ 何を選んでどう受ける 斎藤博著

がん検診は誤解だらけ 何を選んでどう受ける 斎藤博著

がんは日本人の死因のトップであり、年間30万人以上が命を奪われている。がん死の中でも働き盛りのサラリーマンなどの「早すぎる死」は、家族や社会にとって大きな損失だ。そして早すぎる死を防ぐために最も重要な手だての一つが、がん検診の受診だ。

しかし、日本人のがん検診受診率は10%台から20%程度にとどまる。その一方で、がん保険や人間ドックに高額の費用を払う人も少なくない。

実は政策として行われている検診(推奨されている検診)こそ、最も低コストかつ有効性が高いと著者は指摘する。現に欧米では、検診受診率の上昇とともに、乳がん死亡率の低下を実現させた。検診について正確な知識を持つ必要性を説く。

NHK出版生活人新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。