決算書はここだけ読め! 前川修満著

決算書はここだけ読め! 前川修満著

決算書を作るために必要な知識と、決算書を読むために必要な知識は異なる。それは、料理の作り方を知らなくてもおいしい料理を食べることができるのと同じことだと、公認会計士で人気セミナーの講師を務める著者は言う。

決算書は読ませるために作るもの。

複式簿記の原理や会計基準など作り手に求められる知識は不要、「貸借対照表」は細目を無視して「資産」「負債」「資本」の合計額を見よ、「損益計算書」は部分的にわからないことがあっても基本の5要素「資産、費用、負債、資本、収益」と「営業利益」などの各種利益の概念を押さえておけば十分と具体的なポイントを示す。

実在する企業の決算書を使いながら「読み手のための会計学」を説く。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT