決算書はここだけ読め! 前川修満著

決算書はここだけ読め! 前川修満著

決算書を作るために必要な知識と、決算書を読むために必要な知識は異なる。それは、料理の作り方を知らなくてもおいしい料理を食べることができるのと同じことだと、公認会計士で人気セミナーの講師を務める著者は言う。

決算書は読ませるために作るもの。

複式簿記の原理や会計基準など作り手に求められる知識は不要、「貸借対照表」は細目を無視して「資産」「負債」「資本」の合計額を見よ、「損益計算書」は部分的にわからないことがあっても基本の5要素「資産、費用、負債、資本、収益」と「営業利益」などの各種利益の概念を押さえておけば十分と具体的なポイントを示す。

実在する企業の決算書を使いながら「読み手のための会計学」を説く。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。