その科学が成功を決める リチャード・ワイズマン著/木村博江訳

その科学が成功を決める リチャード・ワイズマン著/木村博江訳

「自己啓発を実践している人は幸福度が低い」
「ヘマをしたほうが好感度はアップする」
「プラス思考が人生を暗くする」
「暗示をかけるだけで人は創造的になれる」
「大勢にモテようとする女は敬遠される」
「カラオケはストレス解消に逆効果」
「離婚の危機に夫婦間の話し合いは効果なし」
「集団で行う意思決定はリスクが高い」
「ほめられて育った子供は失敗を極度に恐れるようになる」--。

数々の「常識」が科学によって覆る。ここで言う科学とは「莫大な数の被験者を対象群・非対象群にわけ、徹底してデータを収集し、客観的に分析する」ことだ。データは一流科学誌に発表された膨大な実験結果がそれぞれのテーマで探索され裏づけとなっている。

では、「科学的根拠があり、簡単しかも効きめ抜群」な「自己啓発」とは。その三拍子そろった方法が実に具体的にぎっしりと詰まっている。人の心理を知るうえで面白くかつ実践的な「出色の自己啓発本」だ。

文藝春秋 1700円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。