アメリカ大統領選、勝負を分ける「3つの見所」

いよいよ2カ月を切って「最終コーナー」に突入

トランプ大統領にとってド派手な演出はお手の物。むしろ11月3日のアメリカ大統領選前にバイデン氏が大失態を演じる可能性も十分ある(写真:AP/アフロ)

9月の第1月曜日はアメリカではレイバーデイ。今年の場合は9月7日で、この「労働者の祝日」を過ぎると、アメリカ大統領選挙は終盤戦を迎える。

競馬で言えば第4コーナーを回ったところ。大観衆から「差せ!」「そのまま!」といった声が聞こえてきそうなところ。あいにく今年はコロナ下で無観客競馬が続き、ゴール前の熱狂がどんなものだったかを忘れてしまいそうなのだが。

バイデン氏有利のはずが、一気に差が縮まってきた!

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

まずは足元の状況を確認しておこう。「リアル・クリア・ポリティクス」という便利なサイトがあるので、データについてはリンク先をご参照願いたい。まず、全国レベルの支持率を見ると、挑戦者ジョー・バイデン元副大統領が引き続き現職のドナルド・トランプ大統領を大量リードしている(General Election :Trump vs. Biden) 。

ただし、実際の選挙は選挙人の総取り合戦で決まるので、州ごとの票読みが重要になってくる。ブルーステーツ(民主党州)、レッドステーツ(共和党州)、そして「トスアップ」と呼ばれる激戦州の色分けを見なければならない(2020 Electoral College Map) 。これを見ても、やはりバイデン勝利が濃厚であるようだ。長らくこの地図を見慣れてきた者としては、かつては共和党の金城湯池であったテキサス州やジョージア州が、今では形勢不明になっている点に新鮮な驚きを覚える。

ところがですな、8月24日から27日にかけて共和党大会が行われて以降、トランプさんが急速に追い上げている。どこを見ればわかるかというと、大統領選挙をネタにした賭けのオッズである(Betting Odds – 2020 U.S. President) 。7月から8月はバイデン氏が大幅リードしていたが、9月に入ってからはほぼ横一線。差が詰まってきている。

次ページなぜ賭けのオッズが信用できるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT