アメリカ大統領選、勝負を分ける「3つの見所」

いよいよ2カ月を切って「最終コーナー」に突入

トランプ大統領にとってド派手な演出はお手の物。むしろ11月3日のアメリカ大統領選前にバイデン氏が大失態を演じる可能性も十分ある(写真:AP/アフロ)

9月の第1月曜日はアメリカではレイバーデイ。今年の場合は9月7日で、この「労働者の祝日」を過ぎると、アメリカ大統領選挙は終盤戦を迎える。

競馬で言えば第4コーナーを回ったところ。大観衆から「差せ!」「そのまま!」といった声が聞こえてきそうなところ。あいにく今年はコロナ下で無観客競馬が続き、ゴール前の熱狂がどんなものだったかを忘れてしまいそうなのだが。

バイデン氏有利のはずが、一気に差が縮まってきた!

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

まずは足元の状況を確認しておこう。「リアル・クリア・ポリティクス」という便利なサイトがあるので、データについてはリンク先をご参照願いたい。まず、全国レベルの支持率を見ると、挑戦者ジョー・バイデン元副大統領が引き続き現職のドナルド・トランプ大統領を大量リードしている(General Election :Trump vs. Biden) 。

ただし、実際の選挙は選挙人の総取り合戦で決まるので、州ごとの票読みが重要になってくる。ブルーステーツ(民主党州)、レッドステーツ(共和党州)、そして「トスアップ」と呼ばれる激戦州の色分けを見なければならない(2020 Electoral College Map) 。これを見ても、やはりバイデン勝利が濃厚であるようだ。長らくこの地図を見慣れてきた者としては、かつては共和党の金城湯池であったテキサス州やジョージア州が、今では形勢不明になっている点に新鮮な驚きを覚える。

ところがですな、8月24日から27日にかけて共和党大会が行われて以降、トランプさんが急速に追い上げている。どこを見ればわかるかというと、大統領選挙をネタにした賭けのオッズである(Betting Odds – 2020 U.S. President) 。7月から8月はバイデン氏が大幅リードしていたが、9月に入ってからはほぼ横一線。差が詰まってきている。

次ページなぜ賭けのオッズが信用できるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT