「いかさまハリス」と罵るトランプ陣営の勝算

バイデン氏は「大本命」を副大統領候補に選んだ

米民主党の副大統領候補に決まった決まったカマラ・ハリス氏。早速、トランプ陣営から「いかさまハリス」という言葉が浴びせかけられた(写真:AP/アフロ)

「カマラ・ハリス効果」には、つくづく驚いた。

「米民主党のジョー・バイデン氏は、誰を副大統領候補に指名するのか?」は、ずっと前からアメリカ政治における関心の的であった。候補者の名前はそれこそ10人以上挙がるのだが、「誰かひとり」と尋ねると、誰もが例外なく彼女の名前を挙げる。カマラ・ハリス上院議員は、いわば単勝1倍台の堂々たる本命候補であった。

たった1日で巨額の集金!期待に違わぬ「ハリス効果」

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

だから8月11日に、バイデン氏がツイッターで”I have the great honor to announce that I’ve picked @KamalaHarris as my running mate.”(ここにカマラ・ハリスをわが伴走者に選んだことを、私は高らかに宣言するものである)と発信した時は、「あああ、やっと来たのか。17日はもう党大会だと言うのに、あいかわらず判断が遅いよなあ、バイデンは」と筆者は苦々しく感じたものである。

ところがこのツイートに対して、6.5万件のコメントと22.3万件のリツイート、84.1万件の「いいね」がついている。それ以前に比べて、ツイッター民の反応が一気に良くなったのだ(8月14日時点) 。こう言っちゃ悪いが、バイデン氏のフォロワー数は835万人。ドナルド・トランプ大統領の8512万人に比べると文字通りひとケタ少ない。言ってることも当たり前のことばかりで、そんなに面白くはない。少なくともトランプさんのように、「人が犬を噛む」的な意外性のある発言は望むべくもない。

ところが、今や何でもいいから文中に@KamalaHarrisと入れると、途端に反響が増えるようになったのだ。SNSの世界ではしばしばみられる現象だが、今のバイデンさんはツイートするのが面白くて仕方がない状態だろう。

いや、それだけならただの自己満足みたいな話だが、選挙資金の集まり具合も一気に良くなった。彼女の名前が出てからの24時間で、「バイデン選対」には2600万ドル、「民主党選対」には3000万ドルの資金が振り込まれた。これは1日の金額としては史上最高だ。普通の日と比べると、「カマラ・ハリス効果」は、合計で3500万ドル(約37億円)程度も多かったとみられている。

次ページバイデン氏は「トランプ自滅」を待っていた!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT