「いかさまハリス」と罵るトランプ陣営の勝算

バイデン氏は「大本命」を副大統領候補に選んだ

ここから先はおなじみ競馬コーナーだ。

東京五輪開催のための変則日程により、今年は小倉競馬が遅れてこの週末からの開催となる。しかも例年の6週開催から4週開催に短縮されるので、待望久しい九州の競馬ファンの思いはひとしおだろう。

実は、小倉競馬場には2年前に訪れたことがある。地元のY先輩が、「北九州に来たら、これを食わんと」と勧めてくれた「ゴボ天うどん」のやわらかい麺が懐かしい。

小倉記念は斤量に恵まれたサマーセントが本命

問題は「サマー2000シリーズ」第3戦の小倉記念(G3、16日11R、距離2000メートルのハンデ戦)だ。本命はサマーセント。夏は牝馬で4歳馬。しかも名前に「サマー」も入っている。というより、マーメイドステークスの優勝馬が「斥量52キロ」は恵まれ過ぎだろう。鞍上の酒井騎手が、中京記念で勝ったメイケイダイハード(同日の新潟、関谷記念に出走)ではなく、こちらを選んだのも納得というところだ。

対抗には同じく4歳牝馬のランブリングアレーを。それから、夏の小倉や福島を得意とする馬の一発も警戒しなければならない。そこで穴馬には休み明けのタニノフランケルを。そろそろ「やらかし」そうな気がするではないか。

逆にサトノルークスは危険な人気馬。「去年の菊花賞2着」馬はこのメンツではエリートに見えるが、夏競馬の予想は「ちょっとだけひねる」ことが必要だ。9日開催のエルムステークス(札幌)とレパードステークス(新潟)を両方当てたので、週末の筆者は、やや強気なのである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT