「半沢直樹」最大の立役者が大和田である理由

主人公を超える話題性を生み出す絶妙な仕掛け

その他でも、市川猿之助さん、片岡愛之助さん、尾上松也さんを合わせた“歌舞伎チーム”で談笑していたエピソードが何度となく語られていますし、コロナ禍によるストレスがかかる中、香川さんは現場のムードメーカーとなっているようです。

注目が集まる放送期間中のツイート

そんな香川さん自身も、ノリノリで演じていることを明かしていますが、それを最も象徴しているのが、遊び心あふれるアドリブの数々。主演の堺雅人さんが、「香川さんは羨ましいくらいに自由に遊ばれる方」「できることなら、僕も大和田を演じてみたい」と言うほど、生き生きと演じる姿を見せ続けています。実際、第7話で半沢と大和田が「さあ」「さあ」と交互に畳みかけて曾根崎を追い詰めるシーンは、演じる2人の楽しさが伝わってくるようでした。

ちなみにそのシーンについて香川さんは放送後にツイッターで、「第7話で曽根崎に浴びせた『さあ、さあ、さーアサァサァサァ!』は歌舞伎の常套句。堺さんも完璧な間の取り方でした」と解説していました。香川さんは悪役のトップとして大和田を演じ、ムードメーカーとして現場を盛り上げているだけでなく、スポークスマンでもあるのです。

たとえば、8月7日に「半沢直樹の4話は、もう本当に伝説の回になります…www いよいよ大詰めの、猿之助さんとの親戚漫才をどうかお楽しみ下さい!」とツイートしたほか、放送終了後の9日にも「皆さま、第4話はご覧いただけましたか? 従兄弟漫才はどうでしたかwww? それにしても…今週も汚い言葉を連発してしまい、本当に申し訳ございませんでした」とツイートしていました。

さらに23日には「第6話、ついに土下座が炸裂しました。曽根崎役、名古屋で劇団を主宰する佃典彦さんは、1日中あの長いシーンを何度も繰り返し撮影したのに、ただのひと言もセリフを間違えませんでした。もちろん堺さんも…」と共演者を称賛。加えて、「さて来週は神回降臨…ご期待を」という次回の番組視聴を促すコメントも忘れませんでした。

そもそも放送期間中の具体的なツイートはリスクを伴う行為だけに、これほど積極的な俳優は希少な存在。香川さんが多忙な中で自らドラマを売り込み、さまざまな話題を提供し、共演者やスタッフのフォローをしていることが、大和田のさらなる人気につながっているのではないでしょうか。

次ページ半沢より大和田のマネをしたい視聴者
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT