インフレで、日本の起業精神は復活する

なぜ日本では、いままで起業者が減少していたのか

日本の起業家の代表格、ソフトバンクの孫正義社長。日本国内ではついにドコモを抜いた。eコマースでも中国のアリババと組んで世界一。起業は個人の力が大きいが、インフレになれば、起業をとりまく環境は好転する(撮影:梅谷秀司)

4月下旬に公表された最近の中小企業白書では、2012年時点の「起業希望者」は約84万人と、1997年の約167万人から約半分にまで大きく減少した、と分析されている(下表)。「起業希望者半減」と、センセーショナルに伝えたメディアもあった。

実際に起業して成功している、あるいは将来の起業を目指している人々は、日本での起業精神の冷え込みを嘆いたり、「日本経済の停滞の象徴」と喝破している。

「起業を目指す人と「起業した人」では雲泥の差

確かに、こうした記事だけで、「起業を目指す人が半減」と聞けばショッキングに聞こえるかもしれない。だが「起業希望者」とは、「自分で事業をいずれ起こしたい」と考える人である。

漠然と起業したいと考える人は相当いるわけで、実際に起業した人の数とはまったく異なる。例えば、97年には166万人起業希望者がいたが、実際、当時1年間に起業した人は28.7万人に過ぎない。「考えるだけ」の人はたくさんいても、実際に起業に至るには、相当ハードルがあるということである。

ちなみに、同じ調査では、実際に1年間に起業した人の数は、97年の28.7万人から、2012年には22.3万人と2割以上減っている。「思っているだけの人」は、かなりおり、「起業したい希望者」が半減したというよりも、デフレが始まった1990年代後半から、起業する人が減少し続け、15年間で20%以上減った事実が、事態の深刻さをより正しく表している。

次ページ日本人が起業しなくなったワケ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT