米大統領選「ロシア介入」は本当に防げるのか

セキュリティ予算をコロナ対策に回す州も

ロシア政府に近いと目されている「インターネット・リサーチ・エージェンシー(IRA)」(本社はロシア・サンクトペテルブルク)は、2016年のアメリカ大統領選挙への介入容疑で2018年2月に起訴された。ただし、ロシア政府はアメリカの選挙への介入を繰り返し否定してきている。

IRAは、草の根団体や政治団体に所属するアメリカ人を装った数多くの偽アカウントをソーシャルメディア上に作り、候補者の中傷を行うなどして2016年の大統領選挙時にアメリカ世論の形成に関与したとされる。フェイスブック上だけでも、推定1億2600万人の利用者がIRAの投稿を目にした。

より巧妙になったロシアの偽情報拡散

インボーディノとハートマンによると、ロシア政府は2020年の大統領選挙に向けてIRA以外にも偽情報拡散業務を委託するようになっている。IRAは、2016年当時、ほとんどの投稿を本社のあるサンクトペテルブルクからしていた。しかし、最近は、発信元を隠すため、代理人やほかのウェブサイトを介して情報を拡散するようになり、ガーナとナイジェリアにも支部を作って投稿している。

ガーナとナイジェリアでのIRAの投稿はほぼ完全に人種問題に特化しており、アメリカ国内の分断をあおり、社会不安を引き起こそうと狙っているようだ。4月にCNNが報じた。ガーナの支部では200以上の偽アカウントが作られ、そのうちの大半は2019年後半にできた。世界中の少なくとも数十万、ひょっとすると数百万人が投稿を目にしたと考えられる。

なお、フェイスブックは、ロシアからの介入に使われていたフェイスブックのアカウント49個と69ページ、インスタグラムのアカウント85個を3月に削除した。 フェイスブックの分析でも、ロシアがガーナとナイジェリアから投稿していた内容は、人種問題や有名人のゴシップ、LGBTQ問題、警察の暴力などを扱い、選挙や候補者については言及していなかった。投稿の真の目的を判別しにくくするためと思われる。

次ページ身代金要求型ウイルスに対する懸念
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT