コロナで注目、「自転車」ブームで得するのは誰

あさひ、シマノの株が急上昇、次の勝ち組は?

新型コロナや健康志向、脱化石燃料など追い風を背に、にわかに盛り上がる自転車ブーム。それを受けて、関連企業の株価もうなぎ登りだ(写真:foly / PIXTA)

自転車がいま改めて注目されている。新型コロナウイルスからの感染を避けようと、通勤や通学時に電車などの公共交通機関には乗らず、自転車を利用する人が続々と増えているためだ。

それを受けて、目下、自転車関連企業の業績や株価も、にわかに沸き立っているのが実態。いわば、コロナ禍で明暗分かれたうちの、株式市場”勝ち組”だ。

その代表格は、大阪を本拠に自転車専門店「サイクルベースあさひ」を全国展開する、あさひである。緊急事態宣言が明けた2020年6月、7月の既存店売上高は、2カ月連続で前年同月比140%という驚異的な伸びを記録した。業績の上方修正期待を受けて、株価は8月、分割調整後の上場来高値を更新したほどだ。

あさひだけではない。自転車用変速機や制御機器などを製造するシマノも、自転車活況の恩恵にあずかっている日本企業だ。台湾巨大機械工業(ジャイアント・マニュファクチャリング)をはじめ、台湾メーカーが席巻するスポーツ車など高級自転車市場において、シマノの変速機は一強状態。世界シェア約6割を有し”自転車業界のインテル”の異名を誇る。

「自転車業界のインテル」はスズキと同じ価値

シマノの2020年1~6月期(第2四半期)決算は、外出自粛要請のダメージが大きく、前年同期比で減収減益となったが、それでも営業利益率は18%という高収益を保持している。あさひと並び、シマノの株価も、今年8月には1972年の上場以来最高値を更新。現在の時価総額は2.1兆円超で、これは自動車大手のスズキに並ぶ水準なのだ。

173業界の勢力図や先行きがひとめでわかる『会社四季報 業界地図2021年版』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

『会社四季報 業界地図 2021年版』(東洋経済新報社、8月28日発売)では、自動車、IT、サービス・小売りなど、激動する全173業界の現状と今後について、会社四季報記者が徹底解説した。自転車業界に加えて、テレワーク、オンライン教育、病院グループ、中食・宅配、ベンチャー・VC(ベンチャーキャピタル)など、新型コロナで注目が集まる業界も、新たに取りあげている。

自転車の場合、国策の追い風も強まっている。6月には、国土交通省・自転車活用推進本部が自転車通勤・業務利用を拡大するために、新たな取り組みを発表した。それによれば、自転車通勤を推奨している「優良企業」の認定や、道路の自転車専用通行帯の拡充、シェアサイクルの普及などをいっそう図っていくのだという。

次ページえっ、ドコモとソフトバンクが競合?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT