北米で大規模リコールのトヨタ、対応の不手際に高まる消費者の不満、集団訴訟も

北米で大規模リコールのトヨタ、対応の不手際に高まる消費者の不満、集団訴訟も

トヨタ自動車は米国時間2月1日、リコール対象となっている8車種のアクセルペダルの不具合を技術的に解決する方法を米国で発表した。
 
 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)もトヨタの改善策を承認し、今週から不具合の改修が始まる見込みだ。早朝、カリフォルニアのトヨタのディーラーを回ってみると、サービス部門には早くも列ができていた。

リコールはどの自動車会社にも起りうる(→参照)。トヨタのリコール対象車は、昨年11月が420万台、今年1月が230万台と大規模だが、なぜここまで評判を落とすほどの事態になってしまったのか。

テレビ、ラジオ、新聞とアメリカのメディアは連日トヨタのリコール問題を大々的に報じている。筆者が運転中に聞いた地元シリコンバレーのラジオ局は「トヨタは対策もないのに、ただ運転するなと言っている」という放送の直後、GM、フォード、ヒュンダイ(現代自動車)が、トヨタ車オーナーに対して新車購入に当たって1000ドル(約9万円)を割り引きし、分割払いを無利子にするというニュースを流す。こうした状況の中、米国のトヨタ車オーナーたちはどう思っているのだろうか。

「リコールのことを知っていたら、絶対にトヨタ車は買わなかったわ」というのはマリア。買い物や子供を預けるため、ハイランダーに毎日乗っているので「とても不安」という。また、両親がサンディエゴに住んでおり、レクサスの大破炎上事件を知っているので、とても心配しているとのこと。
 
 レクサス大破炎上事件とは、昨年8月、カリフォルニア州高速警察隊員のセイラー一家と親戚の4人が乗ったレクサスが、アクセルが戻らないため数回転し、炎上、全員が死亡した事件のことだ。マリアの夫は、まず、落ち着いて、ギアをニュートラルにしなさいと教えてくれたそうだ。

同じ食料品店のあるショッピング街で、RAV4に乗る、子供2人連れのジェニファー。「私の車がリコール対象なのかよくわからないわ。今まで何の異常もないし、この車に文句はまったくないいわ。実は、とても気に入っている」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT