テレビ局の裏側 中川勇樹著

テレビ局の裏側 中川勇樹著

テレビディレクターとして約20年番組制作に携わってきた著者が、業界で働く者の本音を暴露した。

テレビ業界は現在、激動の時代を迎えたと言われている。広告収入の激減に伴う制作費削減、視聴率の恒常的低下、そしてデジタル放送への対応。こうしたことが、番組制作の現場にさまざまな影響を及ぼしているという。

たとえば、納豆ダイエットの捏造で終了したある番組のヤラセ問題などは、制作費の激減や視聴率競争の裏で、制作者のモラルハザードを助長したことは否めない。

いまやテレビ番組制作の現場で重視されるのは「正確さ」ではなく、「面白さ」や「わかりやすさ」だという著者の言葉に慄然とする。

新潮新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT