災害級猛暑「41.1℃」歴代1位が記録されたワケ

東京の8月熱中症死者数は過去最多

東京都監察医務院によると、東京では8月1日から22日までの熱中症による死者が170人にのぼり、8月の熱中症死亡者数が過去最多になりました。これまでは、昨年2019年の115人が最多でしたが、今年は約3週間でそれを大きく上回っています。

マスク着用や外出自粛が熱中症リスクを高めている

亡くなった方の8割以上がエアコンを設置していなかったか、もしくは使用していませんでした。また、新型コロナウイルス感染症の対策のためにマスクを着用していることや外出自粛による筋力低下が熱中症のリスクを高めていることも考えられます。

<猛暑の原因① PJパターンで急激な暑さに>

「PJ(太平洋-日本)パターン」というのは、台風が発生することが多い南シナ海からフィリピン付近の海域で対流活動が活発になって積乱雲が多くできると、日本付近に太平洋高気圧が張り出すという相関関係のことをいいます。

7月は「負のPJパターン」で対流活動が不活発で台風の発生数は史上初のゼロに。また、太平洋高気圧が日本付近に張り出さなかったため、梅雨前線が長く日本付近に停滞していました。

ところが、8月に入ると一転「PJパターン」になりました。台風が次々に発生し、日本付近に太平洋高気圧が張り出したことが、急激に暑くなった原因の1つです。

850hPaの気温と平年偏差(8月14日〜18日)出典:気象庁HP

850hPaの気温を見ると、日本は暖色で上空の気温が平年より高いことがわかります。特に、東日本や西日本では21℃以上で「W(=warm)」の表記もあり、かなり高くなりました。太平洋高気圧に覆われて、空気が暖められたのです。

<猛暑の原因② チベット高気圧>

浜松で41.1℃を観測した8月17日を含む5日間を平均した上空の状況を見てみましょう。

500hPaの高度と平年偏差(8月16日〜20日)  (出典:weathermap)

500hPaの8月16日から20日を平均した北半球の様子で、地図の中央下に日本があります。数字が大きいところが高度が高く、気温も高い場所です。

東北から西日本を覆っている5880メートルの等高度線が、太平洋高気圧の目安です。

そして、その内側にもう1つ円があります。これは5940メートルの等高度線で、太平洋高気圧よりもさらに上空にある「チベット高気圧」が日本付近に張り出していることを表しています。

2つの高気圧が重なっている付近は濃いオレンジ色になっていて、特に平年よりも高度が高い、すなわち気温が高くなっていることがわかります。

次ページ風の影響も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT