最新版「CSR企業ランキング」業種別トップ10

各業界でコロナ後も信頼される会社はどこか

金融機関でトップに立ったSOMPOホールディングス(写真:日刊工業新聞/共同通信イメージズ)

信頼される会社をCSR(企業の社会的責任)と財務の両面から見つける「CSR企業ランキング」。7月8日配信の総合ランキング部門別ランキングに続き、「業種別のランキング(未上場も含む)」を紹介する(ポイント算出方法など、ランキングに関する解説はこちら)。

CSR活動は業種・業態によって行える活動に差がある。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は、全体の順位と合わせて、業種ごとにも見ていく必要がある。

そこで今回は、いくつかの業種をまとめた形で最大上位10社を紹介する。なお『CSR企業白書』2020年版には、金融機関は50位、未上場は25位、ほかは最大20位まで掲載している。

各業種の「CSR先進企業」の顔ぶれ

最初に、各業種のトップ企業を見ておきたい。

『CSR企業白書』2020年版(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済STOREのサイトにジャンプします

総合ランキング首位のKDDI(情報・通信業)をはじめ、総合トップ10に入った企業が多い。

その半面、鉄鋼/非鉄金属/金属製品の住友電気工業(総合73位)、その他製品の大日本印刷(同92位)、不動産業の三井不動産(同85位)、サービス業のリクルートホールディングス(同66位)などは上位50位には入っていない。

総合順位が高くないとレベルも低いように思われる場合もあるが、業種による差を考慮すれば、「業種トップ」は各業種を代表する「CSR先進企業」と判断すべきだと考える。

では、業種ごとのランキングを見ていこう。

まずは金融機関だ。金融機関対象の財務得点とCSRの両面でのランキングを作成している。

1位はSOMPOホールディングスで392.1点。部門別では、環境が100点で1位。人材活用は99.0点で4位、企業統治+社会性は98.9点の4位と、いずれも上位に入った。女性管理職比率19.0%、総労働時間1782.6時間、男性育児休業取得率60.1%など、働きやすさの指標はいずれも高い。

次ページ「水と生きる」あの企業は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT