がんを生きる 佐々木常雄著

がんを生きる 佐々木常雄著

現在の医療現場では、「患者本位の医療」の名の下に、当然の権利としての知る権利、自己決定権、検証権(セカンドオピニオン)などから、患者自身が自分の治療法を選択し、病状の悪化、死が近いことが告げられる。

2000人以上の患者を看取ってきた医師である著者は、こうした現在の状況を必ずしもよしとはしない。唐突に死が直前に迫っていることを告げられたとき、人は簡単には自身の死を受け入れられないからだ。

本書は、がんでつらい状況にある人たち、あるいは短い命の宣告に絶望した人たちが、どうしたら立ち直れるのかを通して、著者が目の当たりにしてきた終末期医療の課題を論じている。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。