ナビゲート! 日本経済 脇田成著

ナビゲート! 日本経済 脇田成著

バブル崩壊、失われた10年、2008年以降の国際金融危機などの「大事件」を通して、特にマクロ経済がどう動くかを考察している。

マクロ経済にはトレンドとサイクルの区別があり、その混同が誤謬をもたらしやすい。実質GDPの2%程度の変動が景況感の変化を誘い、いわば「平熱」と「発熱」状態の差はGDPの額にして10兆円強程度であるという。日本の景気循環は輸出伸長がきっかけとなり、企業利潤増大から投資・資金が盛り上がるパターンなので、もし「発熱」した場合、このプロセスに沿った治療が必要であることが示される。

将来の「労働供給不安」と現下の「労働者過剰」についても冷静な議論を促す。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。