プライスレス W・パウンドストーン著 松浦俊輔他訳

プライスレス W・パウンドストーン著 松浦俊輔他訳

合理的につけられているかに見える「物の値段」。実は「人の心理」でかなり決まることが、ゲーム理論、最後通牒ゲーム、行動経済学などのツールや考え方を活用しつつ、これでもかこれでもかと例証される。タイトルは文字どおり「値段なし」。英語原義の「値段で表せないほど大切」の意味ではない。

確かにギャンブルや各種投資、裁判、さらには芸術の世界では、さもありなんと思わせるが、飲食、アパレルから、ITや不動産などの業界に至るまで豊富な事例を示されると、「値段はあやふやで偶然に左右され、びっくりハウスの鏡に映る像のように移ろいやすい」現実を、いやでも確信するようになってしまう。

同時に、人が「納得」して買う商品が必ずしも安いとは限らないことも確かなようだ。昨日の買い物は、販売員の「カモ」になったのではないかと自戒させられ、価格戦略は「ふっかけた者勝ち」なのかもしれないとつくづく思わされる。

青土社 2520円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。