社会貢献は「自分のためにやる」エモい働き方だ

日本の女性起業家とマーク・ベニオフの共通点

AIができない仕事は、3つあると言われています。クリエイティブ、マネジメント、ホスピタリティです。いまの子どもたちや、これから働き始める人たちは、この3つを意識して、どれか1つを核にした仕事を探し、キャリアを形成していくことをお勧めしています。

一時的に仕事を失ってしまう可能性のある方に対しては、この3つをサポートしていく教育プログラムの仕組みを作れたらとも考えています。会社の事業としてなのか、NPOとしてなのかはまだ具体的ではありませんが、『トレイルブレイザー』を読みながら、自分自身の課題意識を再認識し、弊社がもっと成長し、大きな存在になってゆくためには、より必要になっていくだろうと感じました。

ベニオフさんは、ただお金を出すだけの社会貢献ではなく、実際に行動する経営者でもありますね。社員の方々と一緒にサンフランシスコの中学校へ出向いて、子どもたちに直接コンピュータサイエンスを教えたりもしてします。ここは読んでいて非常に面白いところですし、印象に残りました。

社会貢献が核にない事業は成立しない

今でこそ、「ミッション(経営理念)」や「パーパス(存在意義)」ということは重要視されていますが、ベニオフさんがセールスフォースを創業された20年前は、もっとドライだったでしょうから、当時は、かなりレアな存在だったのだろうと思います。

平野 未来(ひらの みく)/株式会社シナモン代表取締役社長CEO、シリアル・アントレプレナー。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。レコメンデーションエンジン、複雑ネットワーク、クラスタリングなどの研究に従事。2005、06年にはIPA「未踏ソフトウェア創造事業」に2度採択。在学中にネイキッドテクノロジーを創業。2011年に同社をmixiに売却。2016年にAIエンジン開発を手がけるシナモンを設立。2020年より内閣官房IT戦略室本部員および内閣府税制調査会特別委員に就任(写真:筆者提供)

ミレニアム初頭世代の私は、事業というものはそもそも社会貢献への意識から始まるものだと思っています。私は、エリート街道には進まなかった人間です。学生の頃、ある外資系金融機関でインターンを経験しましたが、正直なところ、利益だけを求めてビジネスを回している世界だと感じてしまいました。これは違う、私には合わないと。そこで、就職という選択肢ではなく、自分で未来をつくろうと考えました。

今の若い人たちは、社会貢献が核にない会社には勤めたくないという意識も強くなっています。ミッションやパーパス、バリューがしっかりしていない会社では人材も集まらず、事業として成立しないのです。

弊社のコーポレートバリューは「Grit(情熱を持って、あきらめずに粘り抜く姿勢)、Innovative(革新的に)、Teamwork(チームワーク)」。そして、ミッションは「創造あふれる世界を、AIと共に」です。

次ページミッションは自分自身のためでもある
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT