投資のプロが新入社員に薦める「最高の副業」

「投資の視点」で見ると「やるべきこと」が見える

働き方が変わりつつある昨今、「本当にコスパのいい副業」を見つけるにはどうすればいいだろうか(写真:asaya/PIXTA)  
残業(時間外労働)の規制、副業やリモートワークの推進など、日本人の働き方が大きく変わりつつある。どんなことに気をつけて、変化に対応していくべきか。カギとなる「コスパのいい副業」「人生の成長とバランスを作る副業」とはどんなことか──。投資会社の新入社員姫野が大先輩ケイさんに聞く、大人気シリーズ第4回。
世界株式アナリスト、ファンドマネージャーを歴任し、世界30カ国を渡り歩いてきた加藤航介氏。このたび『世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり教えている 驚くほどシンプルで一生使える投資の極意』を6月に上梓した加藤氏が「大先輩ケイさん」として、投資会社の新入社員(姫野)に「投資のプロが薦める『最高の副業』」についてレクチャーする。

これからは「誰でも副業が始められる時代」に

姫野:ケイさんこんにちは! そういえば先週、会社で「新しい残業と副業のルール」について説明会があったんです。

『世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり教えている 驚くほどシンプルで一生使える投資の極意』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

ケイ:たしかに、一昔前とは「働き方」が本当に変わってきたよね。

姫野「残業NG」「副業OK」「リモートワーク推奨」など、これまでとは逆の考え方が主流になりつつあります。私たちはどう受け止めればいいんでしょう。

ケイ:国の働き方改革もあって、柔軟な働き方をする人が増えている。以前は副業禁止の会社がほとんどだったと思うけど、これからは「副業が当たり前の世の中」になっていくだろう。僕の友人にも趣味のお酒が高じて週末にバーテンダーをしている人や、生け花の教室をしている人がいるよ。

姫野:へえー。会社べったりじゃなくて、人生楽しそう。とはいえ、そもそも「副業」って、いいことなんでしょうか?

次ページ「いい副業」と「おすすめできない副業」の違い
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT