「社会貢献するカリスマ経営者」ベニオフの素顔

会社は「価値観」で成長するかしないかが決まる

1999年にセールスフォース・ドットコムを創設したマーク・ベニオフ。日本でのセールスフォース急成長の立役者となったジャパン・クラウドの福田康隆氏がベニオフからの学びの体験を語った(写真:ロイター/アフロ)
ニューヨーク・タイムズとウォール・ストリートジャーナルでベストセラー入りしたマーク・ベニオフ著『トレイルブレイザー――企業が本気で社会を変える10の思考』の日本版が7月末日に刊行された。
クラウド・コンピューティングやサブスクビジネスの先駆者であり、1999年にセールスフォース・ドットコムを創設、GAFAと並び称される企業に急成長させた著者の歩みと思いを細密につづった1冊だ。成功と社会貢献を対立軸にしないその企業文化は、世界で賞賛されている。
セールスフォース・ドットコム日本法人の草創期にマーク・ベニオフ本人から採用され、直接薫陶を受けて、日本でのセールスフォース急成長の立役者となったジャパン・クラウドの福田康隆氏が、『トレイルブレイザー』にも通じる、ベニオフからの学びの体験を語った。 

太陽のような人、ベニオフ

『トレイルブレイザー』は、ビジネスの一般論を書いたものではなく、マーク・ベニオフさんご本人のストーリーや考え方が詰まった非常に面白い本ですね。

『トレイルブレイザー 企業が本気で社会を変える10の思考』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

2004年にベニオフさんから声をかけていただき、10年間セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)で働きましたが、私のベニオフさんの印象は、「太陽のような人」です。遠くにいるときはあたたかくて心地よいのですが、近づきすぎるとイカロスの翼のように焼け焦げさせられて、墜落してしまう。

本書にも描かれている、セールスフォースが取り組んでいる製品の1%、株式の1%、就業時間の1%を活用して社会貢献活動する「1-1-1モデル」や「フィランソロピー(ボランティア活動)」などのイメージから、一般的には非常に人格的で優しい、神様のようなイメージがある方です。

同時に、ビジネスにおいては、ヒリヒリするようなプレッシャーも感じさせてくれる非常に厳しい面があり、その多面性が多くのインスピレーションを与えてくれるという存在でもあります。

次ページクラウド・コンピューティングの祖
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT