格安品台頭で急変する化粧品市場、岐路に立つ大手各社の高付加価値戦略


 「不況知らず」とされてきた化粧品業界が、低価格化の波に押されて急変している。

その舞台となっているのが、今や化粧品の最大販路となったドラッグストアだ。化粧品売り上げは、ドラッグが台頭し始めた1995年から店舗数急増につれて膨張。近年は頭打ち状態となっていたが、ここへきて不況で価格の安い「ドラッグコスメ」が台頭してきた。

2009年は、百貨店の化粧品売り上げが前年比5・5%落ち込んだ一方で、ドラッグは同0・4%増と健闘している。

対面販売で高額化粧品を売る百貨店や専門店に対し、ドラッグの中心は比較的安い商品。その中でも、スキンケア用品などは嗜好性が高いとして、メーカーは低価格品とは一線を画す商品を展開してきた。

ところが、最近では「安いモノでもタップリ使えればいいという需要が増えてきた」(カネボウ化粧品・マーケティング本部フィールド2マーケティング室長の渡辺高司氏)。

加えて、医薬品や中小メーカーなど独自素材や技術を持つ企業が相次ぎ参入。低価格品の質が向上してきたこともあり、ドラッグ内は「熾烈な競争になってきた」(コーセー化粧品販売の宮城実常務)。

見た目は二の次 詰め替え用も投入

中でも、激戦区となっているのが使用頻度の高い化粧水。売り場には特価品も加えて1000円前後の商品がズラリと並ぶ。その中で、3年連続で売り上げトップを走るのが、ロート製薬の「肌研(ハダラボ)極潤ヒアルロン液」だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT