東京メトロ「改札外乗換」、初乗り運賃で1日観光 60分の乗換時間を利用し170円で食事も観光も

印刷
A
A

■銀座線三越前駅→半蔵門線三越前駅

銀座線の三越方面改札にオレンジ色の改札がある。日本橋三越本店や、コレド室町といった商業施設での買い物が楽しめるほか、三井記念美術館での芸術鑑賞も可能だ。

筆者はB3出口から近い貨幣博物館を訪れた。巨大な石貨や、我が国の歴代貨幣の展示、金銭史のビデオ鑑賞など、無料とは思えない充実の展示が楽しめる。(所要時間:40分1秒)

■半蔵門線水天宮前駅→日比谷線人形町駅

水天宮駅(筆者撮影)
人形町駅(筆者撮影)

水天宮前駅の水天宮方面改札にオレンジ色の改札がある。筆者は5番出口から美しい境内の水天宮を訪れた。7番出口が近い甘酒横丁は食べ物屋も多く、楽しい。オススメは人形町今半。高級料理の印象が強いが、すき焼きコロッケなどのお総菜もあり、安価にも楽しめる。(所要時間:48分39秒)

■日比谷線仲御徒町駅→銀座線上野広小路駅

仲御徒町駅のJR御徒町駅方面改札にオレンジ色の改札がある。筆者はA8出口からアメヤ横丁に出た。活気ある商店街で、アメリカ軍の払い下げ品を販売している中田商店など、個性的なお店も見られる。上野広小路駅C6出口から徒歩7分ほどの下町風俗資料館は、大人300円と安価な入館料だが、大正・昭和時代の商家や駄菓子屋、銭湯の番台など、実物が豊富で見ごたえがある。上野松坂屋での買い物も可能。(所要時間:52分2秒)

上野の森美術館も徒歩圏内

■銀座線上野駅→日比谷線上野駅

上野駅は銀座線と日比谷線を乗り換えれば、オレンジ色の改札口が見つかる。筆者は上野公園の観光スポット、西郷隆盛像を訪れた。上野の森美術館も徒歩圏内だが、休館日で今回は訪れなかった。やや遠いが、不忍池の弁天堂も風景が美しい。(所要時間:16分8秒)

■千代田線新御茶ノ水駅→丸ノ内線淡路町駅

新御茶ノ水駅からは丸ノ内線乗換の案内に従えば、オレンジ色の改札を通れる。B3b出口から、坂を上がるとほどなくニコライ堂がある。拝観料300円で大聖堂が見学できるが、聖堂内の造作は重厚ですばらしい。(所要時間:36分32秒)

■丸ノ内線池袋駅→有楽町線池袋駅

丸ノ内線池袋駅と有楽町線池袋駅はオレンジ色の改札を通ればいい。筆者は西武池袋本店の屋上にある食と緑の空中庭園を訪れた。ここはクロード・モネの名画をイメージした睡蓮の庭が美しい。食べ物屋は7店舗があり(オススメはシシリアンライスを提供する、ココの台所)、さらに天空のビアテラスも楽しい。ほかには日本最大級の売り場面積を誇るジュンク堂書店や、老眼めがね博物館も徒歩圏内である。(所要時間:38分30秒)

【2020年8月17日15時20分 追記】記事初出時、池袋駅の記述に誤りがありましたので、上記のように修正しました。

■有楽町線飯田橋駅→東西線飯田橋駅

B4b出口から軽子坂を上がると、かくれんぼ横丁、芸者新道、兵庫横丁など、石畳の古風で美しい街並みが印象的だ。兵庫横町の近くには、お洒落な神楽坂通りもある。(所要時間:50分35秒)

次ページ新たに開業した虎ノ門ヒルズを楽しむ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT