2円で刑務所、5億で執行猶予 浜井浩一著

2円で刑務所、5億で執行猶予 浜井浩一著

タイトルの奇抜さが目を引くが、中身は統計の専門家による、犯罪対策と刑事政策(刑罰)に対する問題提起の書。

マスコミ報道に影響され、一般市民の肌で感じる治安=体感治安は悪化しているが、外国人や少年の犯罪は激増していない。殺人は1955年をピークに逓減傾向にあるし、団塊世代の高齢化でむしろ高齢者の犯罪が増えたことなどを、公式統計や独自調査を基に的確に分析している。

体感治安が悪化した結果、刑罰厳重化の意見も多い。が、その副産物として高齢者や貧困者など社会的弱者の受刑者が増え、結局は公的負担の拡大につながりかねないと指摘する。死刑の犯罪抑止効果、貧困と犯罪の相関など、分析は多岐に及ぶ。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。