本当に強い雑草は「立ち上がらない」という真実

やみくもな根性論を押し付けてはいけない

もしかすると、一度や二度踏まれたくらいであれば、雑草は立ち上がってくるかも知れない。しかし、何度も踏まれると雑草は立ち上がらなくなる。

「踏まれたら、立ち上がらない」というのが本当の雑草魂なのだ。

雑草にとって、もっとも重要なこと

『「雑草」という戦略 予測不能な時代をどう生き抜くか』(日本実業出版社)
書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

 

雑草魂というと、踏まれても踏まれても立ち上がる不屈の魂をイメージするかも知れない。雑草のように頑張ろうと歯を食いしばってきたのに、それでは、あまりに情けないとがっかりするかも知れない。

しかし、本当にそうだろうか。私は、「立ち上がらない雑草魂」こそが、雑草のすごさであると断言できる。

冷静に考えてみてほしい。そもそも、どうして立ち上がらなければならないのだろうか。雑草にとって、もっとも重要なことは何だろうか。

それは、花を咲かせて種子を残すことにある。そうであるとすれば、踏まれても踏まれても立ち上がるというのは、かなり無駄にエネルギーを浪費することである。

そんな余分なことにエネルギーを使うよりも、踏まれながらどうやって花を咲かせるかということの方が大切である。踏まれながらも種子を残すことにエネルギーを注ぐ方が、ずっと合理的である。だから、雑草は立ち上がるような無駄なことはしない。

踏まれている雑草を見ると、踏まれてもダメージが小さくなるように、地面に横たわるようにして生えている。そして、雑草は踏まれながらも、最大限のエネルギーを使って、花を咲かせ、確実に種子を残すのである。

踏まれたら立ち上がらなければいけないというのは、人間の勝手な思い込みではないだろうか。プライドや世間体のために立ち上がろうとしているだけではないだろうか。

踏まれても踏まれても立ち上がるやみくもな根性論よりも、雑草の戦略は、ずっと合理的である。そして、ずっとしたたかで、たくましいのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT