本当に強い雑草は「立ち上がらない」という真実

やみくもな根性論を押し付けてはいけない

植物の中でも、雑草は特に「可塑性が大きい」とされている。つまり、変化できる力が大きいのだ。

雑草の変化する能力には、環境によって自分自身を変化させていく「表現的可塑性」と、次の世代に自分と違うタイプを残す「遺伝的多様性」とがある。ここでは、環境に適応して自分自身を変化させる「表現的可塑性」の話をしよう。

私が学生時代に研究していたイチビという雑草は、図鑑では1メートルくらいの大きさと記されている。しかし、5センチくらいの大きさで花を咲かせていることもある。そうかと思えば、飼料用のトウモロコシ畑では、背の高いトウモロコシと競い合って、4メートルを超えるような草丈になっていることもある。まさに大きさは自由自在。可塑性が大きいのだ。

大きさばかりではない。伸び方も自由自在だ。雑草は種類によって、茎を横に伸ばしてテリトリーを広げていく「陣地拡大型戦略」と、そうではなく、上に伸びて自分のテリトリーでの競争力を高めていく「陣地強化型戦略」の二つがあると言われている。新たな陣地へと拡大すべきか、持っている陣地を強化すべきか、ビジネスの場面でも二つの戦略があることだろう。

それでは、そのどちらの戦略が有利なのだろうか。それは、愚問である。どちらの戦略が有利であるかは、状況によって変化する。

そのため、「やっかい」と言われる雑草の戦略が「使い分け型戦略」である。つまり、状況によって戦略を変化させるのだ。

ライバルのいない空き地のような環境では、その雑草は陣地拡大型戦略で横へ横へと茎を伸ばして、テリトリーを広げていく。しかし、ライバルとなる植物が現れると、一転して立ち上がり、競争力を発揮する陣地強化型戦略をとるのである。

大きさも自由自在、伸び方も自由自在。臨機応変に環境に対応して、変化するのである。

誰かが決めた「べき」を捨てる

雑草は、図鑑に記載されたとおりに生えていないことがある。花期は春と書いてあるのに、秋に咲いていることもある。草丈は30センチくらいと書いてあるのに、人間の背丈ほど大きくなっていることもあるし、立ち上がることなく地面を這は っていることもある。まったくつかみどころがないのだ。

また、雑草には「一年生雑草」や「多年生雑草」という分類がある。
芽を出してから一年以内に種子を残して枯れるものが、一年生雑草である。一年生雑草は春に芽を出して秋に種子を残す「一年生夏雑草」と、秋に芽を出して春から夏に種子を残す「一年生冬雑草」(越年生雑草)に分けられる。これに対して、数年以上、生息するものは多年生雑草と呼ばれている。

植物にとって、一年生か多年生かというのは、ごくごく基本的な分類方法である。ところが、雑草の中には、この分類さえ飛び越えて変化してしまうものもある。

次ページ人間がはったレッテル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT