次に来るメディアは何か 河内孝著

次に来るメディアは何か 河内孝著

インターネットから流れ出す無料のニュースが享受できる現代。「情報はタダ」であることが当たり前となっている。

若者の新聞離れもあり、新聞「紙」の行く末を危惧する声は後を絶たず、新聞経営の苦境は一過性のものではなくすでに構造的な問題として指摘される。

新聞のオンライン化が進んでいるアメリカでも、世界的不況で頼みの広告収入が上がらず、新聞社の倒産も珍しい話ではない。

30年の新聞記者生活を経て米大学院でメディア産業について学んだ著者が、アメリカの事例を参照しながら大胆に予測。

規制に守られ旧態依然としたメディア界の体質を検証し、テレビ業界、通信キャリアを含めた日本のメディア再編成を提言する。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。