グーグル時代の情報整理術 ダグラス・C・メリル他著/千葉敏生訳

グーグル時代の情報整理術 ダグラス・C・メリル他著/千葉敏生訳

タイトルから並の情報整理テクニック本と思い込むと間違う。著者はグーグルの元CIO(最高情報責任者)だけに、一歩進んだグーグル活用術にもかなりのページを割いているが、本書の真骨頂は自らの体験を交えながらの情報享受の「原理原則」。ビジネス人生全般でどう取り組むべきかが伝授される。

平たく言えば、身の回りにある情報ツールやテクノロジーを活用し、各種の制約を賢くくぐり抜けるすべを教えてくれる。それを20の原則にして本文に織り込む。たとえば「なるべく早く、頭の中から情報を追い出そう」「知識は力ならず。知識の共有こそ力なり」「仕事とプライベートのバランスを取るのではなく、融合させよう」などだ。

当然「検索しよう」はその原則の一つ。脳にストレスを与えないよう、情報はクラウドに預け、グーグル・カレンダーを共有し、Gメールを検索可能な「自分履歴」に変えるなど、グーグル活用法も具体的だ。

早川新書juice 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。