グーグル時代の情報整理術 ダグラス・C・メリル他著/千葉敏生訳

グーグル時代の情報整理術 ダグラス・C・メリル他著/千葉敏生訳

タイトルから並の情報整理テクニック本と思い込むと間違う。著者はグーグルの元CIO(最高情報責任者)だけに、一歩進んだグーグル活用術にもかなりのページを割いているが、本書の真骨頂は自らの体験を交えながらの情報享受の「原理原則」。ビジネス人生全般でどう取り組むべきかが伝授される。

平たく言えば、身の回りにある情報ツールやテクノロジーを活用し、各種の制約を賢くくぐり抜けるすべを教えてくれる。それを20の原則にして本文に織り込む。たとえば「なるべく早く、頭の中から情報を追い出そう」「知識は力ならず。知識の共有こそ力なり」「仕事とプライベートのバランスを取るのではなく、融合させよう」などだ。

当然「検索しよう」はその原則の一つ。脳にストレスを与えないよう、情報はクラウドに預け、グーグル・カレンダーを共有し、Gメールを検索可能な「自分履歴」に変えるなど、グーグル活用法も具体的だ。

早川新書juice 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。