人材活用の進化が財務評価を左右する--実証会計学で考える企業価値とダイバーシティ 第3回(全4回)

 JALは長らく就職などの人気企業ランキング上位の常連。高い賃金や充実した諸制度など、従業員にとっては素晴らしい環境だっただろう。だが、こうした恵まれた待遇も、業績の向上には寄与してこなかった。JALは極端な例としても、他にも人材活用などのCSR評価と財務評価が乖離しているように見える企業は少なくない。

 一般的にCSR評価はアンケート情報をベースにすることが多い。制度があるかどうかを重視し、実態が伴っていない場合でも高い評価を与えている可能性も完全には否定できない。目標や方針に得点を与えるなど、財務分析ではありえない曖昧な点も多い。統計学的には人材活用と財務評価は相関があるとはいえ、両者の因果関係ははっきりしない。

 このようにCSR評価には曖昧な基準など中途半端な面もあるため、「CSR評価は企業評価に使えない。財務評価だけで十分」という批判も少なくない。

 だが、ある一定の基準で調査し、それに基づいて作成した評価データには、表面上は中途半端に見えてもさまざまな情報が含まれている可能性がある。見方を変えることで新しい発見があるかもしれない。実証分析では常識にとらわれないことが最も大切なことである。

 そこで筆者と東洋経済では「人材活用の向上は企業の業績向上に結びつくのか?」という点に着目。「人材活用の成長によって財務面も成長する」という可能性を考え、グループ分けをして分析を行った。

 まず、2年連続で人材活用得点がアップしている企業(Aグループ、99社)、2年連続でダウンしている企業(Bグループ、150社)、それ以外(Cグループ、418社)、全社(Dグループ、667社)の4グループに分類。続いて、グループ毎に各企業の3年平均得点と最新(2010年版)の財務評価の各得点との関係を単回帰分析した(次ページ表2参照)。すると、2年連続得点アップとダウンの企業群で財務総合得点に特徴が表れた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。