アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

トム・ラス「さあ、才能に目覚めよう」が1位に

西岡壱誠氏の『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』が初登場で4位となりました(画像:SAMURAI / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、7月26日~8月1日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『さあ、才能に目覚めよう』が1位を獲得

今週(7月26日~8月1日)のランキングでは、前週4位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)が1位に輝いた。アマゾンによると、特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位は、前週26位だった『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』(末永幸歩著、ダイヤモンド社)がランクインした。アマゾンによると、YouTubeで紹介されたことが影響しているのではないかという。

3位には、前週も3位だった『アフターデジタル2 UXと自由』(藤井保文著、日経BP)がランクインした。『日本経済新聞』掲載が影響しているという。

初登場で4位にランクインしたのが、『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』(西岡壱誠著、東洋経済新報社)だった。東洋経済オンラインの記事「東大生が断言「頭が良い人、悪い人」決定的な差」が影響しているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT