言い返せない人は反撃のコツがわかっていない

いつも悔しい思いをしているすべての人へ

出所:『マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術』(三笠書房)

◎あれこれ考えないで、とにかく返す!「反射の戦術」

高圧的な態度の人と接すると頭が真っ白になってしまう。とっさに「うまい切り返し」ができる人はそう多くないでしょう。そういうときには、「反射の戦術」がおすすめです。相手の話を、反射的に「要約して返す」だけ。

たとえば、取引先やお客様から、クレームでいきなり怒鳴りつけられたとしても、勢いにのまれてはいけません。詳細も分からないまま即座に謝罪すれば、負けを認めたも同然です。

必要なのは「要約力」のみ

また、言葉を選んでいて返答を遅らせてしまえば、勢いづいている相手はさらに強力な攻撃で追い打ちをかけてくる可能性もあります。こんな場合は、とにかく即座に相手にリアクションを返すことが重要です。

『マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術』(三笠書房)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかも、ここで必要なのは、「要約力」のみ。これなら、多少心が動揺していても、何とか対処できるはず。だまりこまずに、まずは相手の一方的な攻撃の流れを止めてください。

「反射の戦術」は、次のような効果も期待できます。

まず、相手の苛立った感情をある程度やわらげられます。「相手の話を要約して返す」という行為は、「話をちゃんと聞いていますよ」「まずは、あなたの話を受け入れますよ」という好意的なメッセージになるのです。

また一旦、相手に言葉を投げ返すことで、「そうだ。私は○○○で困っているのだ」と、相手に冷静に考えさせる効果もあります。客観的に自分の怒りや欲求を見つめ直す機会にもなるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。