カタツムリ、「操られた」末に迎える憐れな最期

臆病な生き物がなぜ鳥に見つかる行動をするか

ロウコクロリディウムの作戦は秀逸である。

鳥の体内で産み落とされたロウコクロリディウムの卵は、糞(ふん)と一緒に鳥の体外に排出される。そして、その糞を食べたカタツムリの体内に侵入するのである。

とはいえ、これだけでは任務が完了したとは言えない。

カタツムリの体内に寄生したロウコクロリディウムは、次に、鳥の体内に移動しなければならないのだ。

そこで、カタツムリの行動を操り、日当たりのよい場所へと移動させる。そして、目の先端に移動して、鳥の大好物であるイモムシが動いているように自らが振る舞うのである。

目の中で動き回るロウコクロリディウムを追い払おうとしてか、カタツムリは盛んに角を揺り動かす。それがなおさらイモムシのような目を目立たせて、空腹の鳥を呼び寄せるのである。

カタツムリを鳥に食べさせて鳥の体内へ

そして、ロウコクロリディウムは、カタツムリを鳥に食べさせて、鳥の体内への侵入を成功させるのである。

もちろん、憐れなカタツムリの命と引き換えに、である。

恐ろしいのは、寄生虫が単にカタツムリに寄生して栄養分を得るだけでなく、カタツムリの行動までも支配してしまうことである。

もしかするとカタツムリは、自分が支配されているとは思っていないのかもしれない。なぜだか急に太陽の光が恋しくなって、なぜだか急に行動的になって、いても立ってもいられなくなってしまったのかもしれない。そして、自らの意志と信じて、葉の上へと移動していったのだ。行動を操られるということは、かくのごとく恐ろしい。

『生き物の死にざま はかない命の物語』(草思社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

このように寄生した生物が、寄生した相手の行動まで支配する例は珍しくない。

例えば、ハリガネムシに寄生されたカマキリは、水辺に近づき、浸水しようとする。これは、ハリガネムシが水の中に卵を産むために、カマキリにそうさせているのだ。

寄生虫だけではない。アリタケというキノコの仲間がアリの体内に入ると、アリタケは胞子(ほうし)を飛ばすのに適した場所までアリを移動させたのちに、存分に胞子を伸ばすのだ。その後、用のなくなったアリは、アリタケの餌食となる。アリタケの菌糸(きんし)が全身にまわり、養分を吸い取られて死んでゆくのである。

寄生というのは、恐ろしい。行動さえも、容易に操ってしまうのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT