カタツムリ、「操られた」末に迎える憐れな最期

臆病な生き物がなぜ鳥に見つかる行動をするか

カタツムリは葉の上に出て、盛んに目の模様を動かす。UFOを呼び寄せたり、神を降臨させるがごとく、まるで何かを招き寄せているかのようだ。

しかし、こんなに目立っていたのでは、あっという間に鳥に見つかってしまう。そもそも、カタツムリが目立たない葉の裏でひっそりと暮らしているのは、天敵の鳥に襲われないためである。こんな目立つところにいては、自ら鳥の餌食になっているようなものだ。

普段は見えないところに隠れているはずの生き物があえて目立つ行動を取るのには理由がある(写真:マハロ/PIXTA)

案の定、葉の上のカタツムリは、鳥に見つかった。そして、見つかるが早いか、飛んできた鳥のくちばしについばまれて、食べられてしまったのである。

なんとあっけなく、憐れな最期だろう。

葉の上に出ることさえなければ、命を落とすことはなく、もっと生き永らえたはずだ。

もしかすると、熱心に動かしていた目が、鳥の好物のイモムシに見えたのかもしれない。

どうして、慎重だったカタツムリが、不用意に葉の上に出かけていったのか、悔やまれてならない。

しかし、である。

実は、このカタツムリの不可解な行動は、すべて仕組まれたものであった。

目つきがおかしいというのが、怪しい。もしかすると、何者かに操られてしまっていたのではないだろうか。

寄生虫に侵されていたカタツムリ

まさにそのとおり、実はカタツムリは寄生虫に侵されていた。カタツムリの目の中で動いていた模様は、カタツムリの目の中に侵入した寄生虫だったのである。

それだけではない。この寄生虫はカタツムリの体内に寄生するだけでは飽き足らず、カタツムリの行動まで操っていたのである。

カタツムリに寄生していたのはロウコクロリディウムという寄生虫である。この寄生虫は、もともとは鳥に寄生する虫である。

しかし、ずっと同じ鳥の体内にいるだけでは、この寄生虫は増殖できない。たとえ卵を産んで増殖したとしても、いずれその鳥が死んでしまったら、一族もろとも死んでしまうことになる。寄生虫が子孫を残していくためには、次々とほかの鳥へと感染していかなければならないのである。

次ページロウコクロリディウムの作戦は秀逸
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT