「いないいないばあ」が子どもを夢中にさせる訳

まだ知らない情報への「好奇心」が学習力を育む

生まれながらに備わっている「好奇⼼」。その理解を深めることで、より効率的な学習に繋がる(写真:主婦の友社)

「好奇⼼」への理解を深めることは、私たちがどのようなものに⼼を動かされやすく、どのようにすれば、より効率的かつ⻑期的に学ぶことができるのかを知ることにもつながります。⼦どもへの関わり方や教育・療育はもちろん、私たち⾃⾝の学びを考える上でも、「好奇⼼」について学ぶことは、とても重要なテーマではないでしょうか。

私たちを取り囲む世界にはたくさんの情報があふれています。しかし、そのすべての情報を処理することには限界があるので、私たち人間は「何に対して注意を向けるべきか」を、無意識的に選択する能力を⽣まれながらにもっています。「好奇⼼」もその能力の1つであり、「好奇⼼」が働くからこそ、まだ知らない重要な情報に集中し、学習することができるのです。特に、⾔語をはじめとするさまざまな知識を学習していく上で必要不可欠なものだと考えられます。

乳児は「単純すぎず、複雑すぎないもの」に関心

近年、乳幼児の好奇⼼に関わる認知機能のメカニズムの⼀部が、乳児の視線を分析した研究報告(Kidd et al., 2012 Plos One)から明らかになってきました。その報告によると、乳児は単に⽬新しいものや⾒慣れたものを好むわけではなく、単純すぎず、複雑すぎないもの、つまり、“ほどよく新奇性があり、ほどよく予想を裏切られるもの” に対して注意を維持しやすい、ということが明らかになっています。

私が研究の一環で野澤祥子・東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター准教授と一緒に『いないいないばあ!えほん』(作・絵:かしわらあきお)を監修する過程で、子どもが「いないいないばあ」という遊びに夢中になる背景には、「好奇心」という心の働きが深く関わっていることがわかってきました。

乳幼児の好奇⼼データを研究した(写真:主婦の友社)

「いないいないばあ」、⻄洋圏では「Peek-a-boo」という普遍的な遊びには、乳幼児の「予想」や「期待」が深く関わっています。「いないいないばあ」には、“予想していたもの(親しい⼈の顔など)に出会えた安⼼感”と、“予想していなかったものに出会う驚き”のふたつの要素がありますが、上述の研究報告をふまえると、両者のバランスこそが喜びや楽しさにつながるのではないかと考えられます。

次ページ低月齢と高月齢で興味の傾向が変わる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT