ジェネラリストは不要? 世銀の採用基準とは

まさに最前線、アフリカの脆弱国家を救うために戦うナナロク世代

それよりも、しっかりとしたアカデミックなバックグラウンドを持つこと、どういった専門性があるのか、ということが重要です。さらに、どういう経験をし、どんな成果を上げてきたのか。また、どういう失敗からいかなる教訓を得てきたのか、などのほうがよほど大きく評価されます。

採用部署を「ほう」と言わせるものを持っているか、という意味では、才能よりも、経験やスキルをどれだけ自分が身に付け、それをどれだけ価値化できるか、ということのほうが大事だと信じています。

私の経験上、自分の人生の暗転となる時点で自分がどうありたいか、という指針をある程度思い描き、キャリア形成の過程で「ストーリーライン」を作っていくことが大事なように思います。

他方、方向転換をすることはいつでもいくらでもできるし、柔軟に軌道修正をしたり、 直感で進んで行くこともあるでしょう。その時々の環境で、精いっぱい努力することを忘れず、あくまで自分がよしとする先へと歩みを進める、これが肝心なのではないでしょうか。

インタビューを終えて

長木さんからは、自分に課せられた使命を遂行していく、強い信念を感じる。世界の片隅の、厳しい環境下で働くことは、並大抵の情熱ではできないことだろう。

しかし、世界銀行でのポストを得るためには気持ちだけではなく、前提となる高い語学力、確固たる専門性、また、時に自分を引っ張り上げてくれるネットワークが必要で、彼女はこの点においても努力を惜しんでこなかった。

天才と呼ばれるような、才能ある人がたくさんいる中で、自分独自の価値を見いだし、ひたすら努力する。そうすることで、自分の思い描いてきた夢が、少しずつ形になってくる。そんなことを、長木さんの半生はまざまざと教えてくれるのであった。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT