「バンクシー」消した地下鉄、判断は適切だった?

欧州の鉄道、「落書き」の被害は深刻な問題

ロンドン地下鉄の車内に描かれたバンクシーの「新作」(写真:バンクシーウェブサイトより)

神出鬼没にストリートアートを描く匿名芸術家、バンクシー。東京でも彼が描いたとみられるネズミの絵が保存されたことで、日本でも広く存在が知られている。そんなバンクシーが7月14日、ロンドン地下鉄の車両内に新型コロナウイルス流行を風刺した”作品”を描いたことを示す動画をインスタグラムで発表した。

動画には作品名とおぼしきメッセージ「If you don't mask - you don't get(マスクをせよ、さらば与えられん)」と記され、切り抜き型紙を使ったステンシルという画法でくしゃみをするネズミや除菌ジェルをスプレーするネズミをドア横や窓枠に次々と描き、運転室のドアに大きな署名まで記している。

評価額は10億円超?

動画を見ると、自分自身の姿を絶対明かさないとされるバンクシーが全身を防護服で身を包み、あたかも「消毒部隊」のような格好に偽装して車両に乗り込む様子が捉えられている。

バンクシーのインスタグラムアカウントに投稿された、地下鉄車内に「新作」を描く様子(写真:バンクシーインスタグラムより)

また、車内アナウンスも録音されており、地下鉄サークル線のベーカーストリート駅とエッジウエア・ロード駅を走る間(所要時間3分)に仕上げた、という体裁となっている。最後には「I get lockdown, but I get up again(私はロックダウンに遭った、しかし、また立ち上がる)」といったメッセージを駅の壁、そして車両のドアに描いた様子が見て取れる。

今回のバンクシーの「犯行」を機に、ローカルメディアも過去の経緯を積極的に報じている。それによると、バンクシーは過去何度も地下鉄車内にネズミなどをモチーフにしたステンシルを描いた「前科」があるという。

ただ、バンクシーがインスタグラムに動画を投稿した後、不思議にも思える状況がしばらく続いた。作品を発見した乗客が撮影し、本人発表より前にSNSなどに公開され大騒ぎになる可能性があってもおかしくないものの、そういった「拡散」がまったくなかったのだ。

次ページ「目撃情報」が広がらなかった理由
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。