コロナで「働かないおじさん」が大淘汰される訳 「会社で不要な人は消える」あなたは大丈夫?

印刷
A
A

それは「働かないおじさん」だけの話ではない。年齢にかかわらず、「役に立つ人間」「価値のある人間」しか生き残っていけない時代に突入したことを、私たちはもっと自覚しなければならない。

あなたは「特別な付加価値を生み出せる人」ですか?

ビジネスは「環境の産物」である。コロナによって、日本経済や日本企業を取り巻く環境は激変してしまった。

経済やビジネスが縮めば、「新陳代謝」が起きるのは必然で、合理的なことである。強いものは生き残り、弱いものは淘汰される。

生き残りを賭けた熾烈な戦国時代に、私たちは突入していく。勝ち組と負け組の差はこれまで以上に大きくなり、格差は拡大するだろう。

しかし、変化にうろたえ、右往左往している暇などない。コロナ・ショックという「変化の本質」を正しく知れば、「生き残り策」も見えてくる。

衰退していくと見られている職業であっても、「特別な付加価値を生み出すことができる真のプロ人材」であれば、生き延びていくことはできる。逆に、時代にマッチした最先端の職業であっても、「付加価値の低いアマチュアレベル」では成功はおぼつかない

画像をクリックすると政治、経済、企業、教育、また個人はどう乗り切っていけばいいか、それぞれの「コロナ後」を追った記事の一覧にジャンプします

これから問われるのは、「個が生み出す付加価値」が「プロレベル」か「アマレベル」かなのである。

コロナがきっかけとなる「人材の大淘汰時代」は、日本人にとって「『個』に立脚した時代」の幕開けでもある。

それと同時に、それぞれの職業に従事する一人ひとりが「『本当に価値のあるプロ』なのか、それとも『価値の低いアマ』なのかが問われる時代」の始まりでもあるのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT