26歳アイドル「あの日、私を襲った事故」の真実

猪狩ともか「突然、看板が倒れ、下敷きに…」

ほどなく人がまわりに集まり、人がかりで看板をどかしてくれたと聞きました。

「助かった……」頭の中は真っ白だったけれど、とにかく命は助かった、それだけはわかりました。

あとから聞いた話では、看板は木製で高さ2.8メートル、幅3.5メートル、重さは数百キロ。建物の敷地を飛び越え、歩道全体に覆いかぶさった状況だったそうです。

助けてくださった方はうつぶせになっている私を見て「これでは苦しいだろうから」と言いながら、仰向けにしてくれました。

「痛~~~~~ッ!!!」そのときです。今までに感じたことのない、信じられないほどの激痛が腰に走り、私は思わず絶叫していました。気が遠くなるほどの痛みでした。

「なんでこんなに痛いの」自分の身に何が起こっているのかわからず、思考停止状態に陥っていました。

「気を失いたい、意識が遠のいてほしい…」

そうこうするうちに、助けてくださった方が呼んでくれた救急車が到着し、ストレッチャーに乗せられ、病院に運ばれました。

救急車に乗せられるときも、車が走り出しても、身体が動くたび激痛が走るのです。それだけでなく、苦しくて息もできない……

あとから聞いたのは、このときの私は胸髄(きょうずい)を損傷していて、肺に血がたまり、呼吸のできない状態だったそうです。

人間、あまりに痛いと意識が遠のくとか気絶するとか言いますよね。ドラマでもよくそんなシーンを見ます。

でも全然そうならない……。ずっと意識がある状態でした。

「こういうときって、意識を失うものじゃないの?」気を失いたいと、ずっとそればかり願っていました。とにかくラクになりたい、その一心でした……。

次ページ始まった検査「いやいや、無理だよ!」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。